2020-21年度 松崎 巧

 東京日本橋ローターアクトクラブ所属

地区ターゲット 『自他共栄』

今年度地区代表の松崎です。

今年度ローターアクトは定款の変更に伴う年齢上限の撤廃、ロータリー章典ではプログラムとなっていたものがクラブとなりロータリークラブと同様の権利を頂くことが可能となりました。しかし、RIで決定はされたものの、まだまだ国内ではすぐにロータリーと同様の権利を享受できるような体制をとることはできず、ローターアクターも権威のあるロータリークラブと同様に扱われることに戸惑いを隠せずにいる状況と思います。

そういった大きな変革がある中で、新型感染症の拡大の影響で従前どおりの活動をすることが困難にもなっていて、ローターアクトが大きな変化に対して真価が問われる年度だと思います。

ローターアクター各々が「ロータリー、ローターアクトとはどんな組織なのか?」「所属するクラブの地域で何ができるか」「活動を通じてどういった成長ができるのか」等、今まで以上に理解し、考えなければならないと思います。大きな制度変更、新型感染症の影響で従前の活動ができないからと言って自らの歩みを止めるのではなく、困難がるからこそ、考え、行動に移すことができるのがローターアクトの強みであり、魅力だと思います。この魅力がロータリーに伝わり、ローターアクターが発信していくことができれば、当地区のさらなる発展が可能だと思います。

しかし、それは誰かにやってもらうのではなく、各々がロータリアン、ローターアクターとの方々とともに活動する中で醸成していく必要があります。

 

今年度は「自他共栄」をターゲットに活動しています。

ローターアクトの活動は、様々なバックグラウンドを持つ人間が集まり、アイデアを共有し、奉仕活動を通じた親睦を図る中で互いに成長し、より大きなシナジーが生まれると思います。より多くの人、クラブと関わり合いを持ち、会員がより成長し、各クラブが発展する機会を提供できればと思っています。

 

第2750地区ローターアクトでの活動を通じて、かけがえのない仲間と出会い、共に成長できるようすばらしい地区を一緒に作っていきましょう